2009 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2009 09
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ゴーギャンのひまわり♪
- 2009/08/30(Sun) -
前回の続き暫く続きます(笑)

今度はゴーギャンのひまわり

ゴッホのひまわりと少し似ている気がしますが
こちらも特徴のあるひまわりですね

4252.jpg

4254.jpg


雄しべの所が同じ黄色なのが特徴かな~

4255.jpg


枯れた感じはゴッホのひまわりの方が品が有る感じがしますね!

4256.jpg


ゴーギャンとゴッホは共同生活をしていましたが
あまり上手くは行かなかったようです

これはゴーギャンがゴッホがひまわりを描いた所を描いた作品です

11537861.jpg

調べるとこの様な事が分かりました

「後期印象派の巨人にして
フランス象徴主義も代表する画家ポール・ゴーギャンのアルル滞在期の作品
『ひまわりを描くフィンセント・ファン・ゴッホ』
本作はゴーギャン同様、後期印象派を代表する画家フィンセント・ファン・ゴッホに共同生活による制作活動を誘われたゴーギャンが、1888年10月23日から二ヶ月間滞在した南仏アルルで制作された作品である
当時のゴーギャンは描く対象の(自然主義的な)写実的表現を否定し、クロワゾニスムを用いて己の内面で見えるものを描くことを理念としていたことに対して、ゴッホは本作に示されるよう対象(ここではひまわり)を置き、それを見ながら制作する方法を採用しており、この相容れない二つの芸術論は次第に二人の関係を悪化させ、独りになることを恐れたゴッホは嫉妬深くなり精神を病んでいく
そんな関係が続く中、ゴーギャンは本作を制作し、完成後に本作を見たゴッホは「これは確かに私だ。しかしこれは気が狂った時の私の姿だ」と述べ、本作が大きな要因のひとつとなってゴッホは自ら剃刀で耳を切り落とし娼婦ラシェルのもとへ届けるという有名な≪耳切り事件≫を起こして、ショックを受けたゴーギャンはアルルを去り、両者の共同生活に終止符が打たれた
画家の特徴的な高い視点によって描かれる本作のゴッホは、ゴッホ自身が認めるよう、非常に陰鬱な雰囲気を感じさせる苦悩と孤独感に満ちた神経質な表情を浮かべている
このゴッホの姿はゴーギャンが感じたゴッホの姿そのものであり、画家の残酷なまでの(両者の間に生まれた決定的な亀裂の)真実性の描写は観る者の目を奪う
絵画表現としても、本作は空間的奥行きを感じさせない平面的描写、特に前景のゴッホやひまわり、画架以降の空間的平面性は、画家の様式的特徴を良く表してい」


人間の出会いって難しいですね

場所、川村記念美術館

いつもご訪問ありがとうございます♪
ランキング参加しています。ワンクリックして頂けると嬉しいですm(__)m

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ
にほんブログ村



スポンサーサイト
この記事のURL | | CM(6) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。